カテゴリー: 出版物について

 

叢書セミオトポス7『ひとはなぜ裁きたがるのか: 判定の記号論』書誌情報...

叢書セミオトポス7『ひとはなぜ裁きたがるのか: 判定の記号論』(2012年5月)新曜社 【主要目次】 刊行によせて(吉岡洋) ひとはなぜ裁きたがるのか─判定過剰の現在と判定の変容(前川修) I 判定の思想をめぐって─《最後の審判》から生命の判定…

0
 

日本記号学会の出版物一覧

叢書セミオトポス16『アニメ的人間: インデックスからアニメーションへ』 (2022年5月) 新曜社 叢書セミオトポス15『食(メシ)の記号論: 食は幻想か?』 (2020年6月) 新曜社 叢書セミオトポス14『転生するモード: デジタルメディ…

0
 

新記号学叢書[セミオトポス]第6巻『いのちとからだのコミュニケーション』...

新記号学叢書[セミオトポス]第6巻『いのちとからだのコミュニケーション』(2011年5月)慶應義塾大学出版会 【主要目次】 はじめに(吉岡洋) 第Ⅰ部 いのちとからだとコミュニケーション 「いのち」と「からだ」の“記号学的回復”に向けて(水島久…

0
 

新記号学叢書[セミオトポス]第5巻『写真、その語りにくさを超えて』...

新記号学叢書[セミオトポス]第5巻『写真、その語りにくさを超えて』(2008年5月)慶應義塾大学出版会 【主要目次】 序 記号学の新たな胎動が聴こえる(菅野盾樹) Ⅰ フォトグラファー・オン・フォト 自作を通して語る細江英公の球体写真二元論(細…

0
 

記号学研究23『暴力と戦争』

記号学研究23『暴力と戦争』 (2003年3月) 東海大学出版会 【主要目次】 はじめに(室井尚) 問題提起 「九・一一のスペクタクル」→「生存のためのデザイン」(榑沼範久) 特集1 ディスカッション1:暴力と戦争をめぐって(宮崎学+山口昌男+…

0
 

記号学研究22『メディア・生命・文化』...

記号学研究22『メディア・生命・文化』(2002年3月)東海大学出版会 【主要目次】 はじめに(室井尚) 1 対論:メディア・メタモルフォーシス■二〇〇一年六月十九日、於大垣市情報工房(室井尚,藤幡正樹) 2 生命記号論と内部観測(松野孝一郎,…

0
 

記号学研究21『コレクションの記号論』...

記号学研究21『コレクションの記号論』(2001年3月)東海大学出版会 【主要目次】 平安時代における知的情報の類聚と集成(大隅和雄) 松平定信の文化財情報コレクションと『集古十種』(佐藤洋一) 書物の集積とその往来(岡村敬二) 石井研堂のコレ…

0