カテゴリー: トピックス

 
jassweb_p-377_eye-catch

日本記号学会第37回大会 開催のお知らせ...

実行委員長 高馬 京子(明治大学)  日本記号学会第37回大会を2017年5月20日(土)、21日(日)の二日間、明治大学で開催致します。  今回は「『モード』の終焉?―デジタルメディア時代のファッション記号論(仮)」と題して、ロラン・バルトの…

0
 
jassweb_p-387_eye-catch

第37回大会 研究発表募集のお知らせ...

大会開催にあたり会員の皆さまの研究発表を募集します。 研究発表は大会2日目(5月21日・日曜)の午前中に行います。 発表希望の方は下記の要領で発表要旨を送付ください。 日本記号学会第37回大会 研究発表募集 <締め切り> 2017年3月10日(…

0
 
jassweb_p-355_eye-catch

【メディア掲載】「週間読書人」(叢書セミオトポス11)...

昨年8月刊行の叢書セミオトポス11『ハイブリッド・リーディング 新しい読書と文字学』について、「週刊読書人」の書評で取り上げて頂きました。 ●週刊読書人(書評):日本記号学会編『ハイブリッド・リーディング――新しい読書と文字学』 「週刊読書人」…

0
 
callforpapers201603

研究発表の募集について

日本記号学会第36回大会(大阪大学、2016年5月21日、22日)の開催にあたりまして、会員の皆様の研究発表を募集します。一組あたりの発表時間は25分です(質疑5分を加えて合計30分)。 応募の方法 A4横書き1枚におさまる、ワープロ打ち発表要…

0
 
0712_kigo01

記号学会分科会「運ぶ」ものとしてのヴィークル概念 第3回研究会「ヴィークルと現代...

記号学会分科会「運ぶ」ものとしてのヴィークル概念 第3回研究会「ヴィークルと現代の芸術」 日時:2015年7月12日13:00〜 場所:京都大学(吉田キャンパス)文学部新館第6講義室 本分科会〈「運ぶ」ものとしてのヴィークル概念〉は、記号を「ヴ…

2
 
book_kirukoto

叢書セミオトポス9『着ること/脱ぐことの記号論』販売情報...

着ることにあこがれ、脱ぐことにときめく! 叢書セミオトポス9『着ること/脱ぐことの記号論』が新曜社より発売中です。 衣服を着るとは、〈意味〉を着ることであり、裸体とは、いわば、〈意味の欠如〉を着ることである。だからこそ、脱ぐことは、かくもスリリ…

2
 
03_conf34

日本記号学会第34回大会

本大会の記録と追加内容が収録された  叢書セミオトポス11『ハイブリッド・リーディング 新しい読書と文字学』が刊行されました。(2016年8月31日) ごあいさつ 実行委員長:石田英敬 (東京大学教授・附属図書館 副館長/新…

0
 
grant

研究プロジェクト企画募集

研究プロジェクト企画募集の主旨 本会は人間諸活動における記号の働きを多様なアプローチの協働のもとに解明していこうという目的で設立され、以来28年にわたって活動を続けてまいりました。そうした伝統は現在でも継続され、さまざまな分野の研究者・実務家の…

1