カテゴリー: ニューズレター

 

叢書セミオトポス13『賭博の記号論: 賭ける・読む・考える』...

◆「賭けること」の快楽はどこから来るのか?  「カジノ法案」が成立して、いよいよ日本はギャンブル国家になろうとしていますが、「賭けること」は人間だけでなく、生物の快感回路を刺激する進化の原動力なのだそうです。本書は、「賭ける」「賭博」という人類…

0
 

大会報告:第38回大会「食(メシ)の記号論」(秋庭 史典)...

 2018年5月19・20日、名古屋大学にて、第38回大会を開催いたしました。レヴィ=ストロース「料理の三角形」やバルト『表徴の帝国』以来、記号論にとって食は重要なテーマでしたが、大会では、科学技術の進展や情報化を受けて大きく変化した現代の食に…

0
 

日本記号学会第38回大会 開催のお知らせ...

日本記号学会第38回大会 「食(メシ)の記号論」 2018年5月19日(土)・20日(日) 会場:名古屋大学 バルトやレヴィ=ストロースをはじめ多くの人によって論じられてきた食をめぐり、 1. 食の原点と現在、2. ポップカルチャーにおける食、…

2
 

第38回大会 研究発表募集のお知らせ...

大会開催にあたり会員の皆さまの研究発表を募集します。 研究発表は大会2日目(5月20日・日曜)の午前中に行います。 発表希望の方は下記の要領で発表要旨を送付ください。 日本記号学会第38回大会 研究発表募集 <締め切り> 2018年3月25日(…

2
 

大会報告:第37回大会「モードの終焉?―デジタルメディア時代のファッション」(高...

 2017年5月20日21日、明治大学駿河台キャンパスにおきまして、第37回日本記号学会「モードの終焉?デジタルメディアとファッション」を開催致しました。「衣服は書かれてモードになる」とし、マスメディアであるファッション雑誌の記号学的分析を行っ…

4
 

日本記号学会第37回大会 開催のお知らせ...

実行委員長 高馬 京子(明治大学)  日本記号学会第37回大会を2017年5月20日(土)、21日(日)の二日間、明治大学で開催致します。  今回は「『モード』の終焉?―デジタルメディア時代のファッション記号論(仮)」と題して、ロラン・バルトの…

4
 

第37回大会 研究発表募集のお知らせ...

大会開催にあたり会員の皆さまの研究発表を募集します。 研究発表は大会2日目(5月21日・日曜)の午前中に行います。 発表希望の方は下記の要領で発表要旨を送付ください。 日本記号学会第37回大会 研究発表募集 <締め切り> 2017年3月10日(…

6
 

大会報告:第36回大会「Bet or Die 賭博の記号論」(檜垣 立哉)...

 第36回日本記号学会大会「Bet or Die 賭博の記号論」は、5月21日・22日の両日、大阪大学人間科学研究科において開催され、三つのセッションと二日目午前中の分科会における六つの発表がおこなわれた。  一日目におこなわれたセッション1は…

3
 

会長挨拶(前川 修)

 入梅の候、会員の皆様におかれましてはお元気でお過ごしのことと存じます。  吉岡洋前会長からバトンを引き継ぎ、新たに会長に指名された前川です。2010年から今年まで二期ほど編集委員長をつとめ、今期は会長という重責を担うことになりました。  おそ…

2