研究プロジェクト企画募集

研究プロジェクト企画募集の主旨
本会は人間諸活動における記号の働きを多様なアプローチの協働のもとに解明していこうという目的で設立され、以来36年にわたって活動を続けてまいりまし た。そうした伝統は現在でも継続され、さまざまな分野の研究者・実務家の方々が新規に入会されてきております。このような本会の特色を生かし、会員相互の交流を図り、多様な分野の専門知の協働という目的を達成していくこと、さらに日常的な活動を充実し、学会活動の活性化を図っていきたいという思いから、新たに「研究プロジェクト制度」を設けることとなりました。なお、本制度の原資としては、故川本茂雄氏(元会長。フランス語学、言語学)の遺族からゆだねられた基金(「川本基金」)を活用していきたいと考えております。研究プロジェクトの募集は下記の要項で行います。学会の活動に新しいエネルギーを注ごうとする意欲ある個人とグループによる積極的な応募を期待しております。

<研究プロジェクト企画募集要項>期限を問わず常時応募を受け付けます
1 研究プロジェクトのカテゴリー
A 個人研究プロジェクト助成     5万円程度
B グループ研究プロジェクト助成  10万円程度
A、Bとも、応募のあったプロジェクト案から理事会(審査委員会)による審査を経て、若干件を採用する。
2 助成する研究プロジェクトの内容(および会員等の参加)
論文執筆、ワークショップ、研究会、パフォーマンス、インスタレーション、講演会など。いずれも本研究プロジェクト企画の趣旨に沿ったものであること。講演会、シンポジウム、研究会などの企画の場合は本会会員間の交流の他、新規会員の獲得に資するような内容であること。なお、会員への告知は地域別(首都圏、関西圏、その他地域)会員宛に事務局からハガキで周知するほか、本会のホームページ上でも公開する。
3 研究成果の報告  プロジェクト案が採用された個人やグループは、研究プロジェクト終了後に研究成果を文書によって報告する。個人プロジェクトの場合、研究成果を研究大会における発表、論文の投稿などにより公開する。
4 応募締切はありません。 常時受付中です。
5 採否の決定 理事会(研究プロジェクト審査委員会)での審査を経て応募者(代表)に通知します。
6 応募用紙送付先
 日本記号学会事務局(松谷宛)
 〒610-0395 京都府京田辺市興戸南鉾立97−1
 同志社女子大学 学芸学部 情報メディア学科 松谷容作研究室内 日本記号学会事務局
  TEL&FAX:(0774)65-8579
  メール: ymatsuta[at]dwc.doshisha.ac.jp ([at]を@に変えて送信してください)
7 応募の資格 本会会員。グループの場合はメンバーのうち半数以上が本会会員であること(なお、会員であっても当該年度までの会費未納である場合は会費を払った上で応募してください)。

応募用紙・研究成果報告書は本会ホームページからダウンロードするか、事務局まで請求してください。

 

研究プロジェクト企画応募用紙